注目キーワード

国際財務報告基準

国際財務報告基準(IFRS)における日本の状況

平成21年6月30日に金融庁より、我が国における国際会計基準の取扱いに関する意見書(中間報告)が公表されました。 (金融庁ホームページ)

内容は、次に示すとおりです。

IFRS適用に向けた主な課題
  1. IFRSの開発および改定の内容やそれらに関する議論を十分に注視・精査する必要がある。
  2. IFRSが適切に翻訳され、IFRS(日本語翻訳版)として広く認知される必要がある。
  3. IFRSの設定におけるデュー・プロセスの確保
  4. IFRSに対する実務の対応、教育・訓練
  5. IFRSの設定やガバナンスへの我が国の関与の強化
  6. XBRLのIFRSへの対応
IFRS適用課題
IFRSの具体的な適用方法
任意適用

企業会計基準委員会(ASBJ)中心の関係者が一丸となったコンバージェンスの努力により、我が国の会計基準は国際的に高品質なものとなっています

したがって、さらに高品質な財務報告を目指して、我が国企業に対しIFRSの適用を図っていく観点から、IASCFのガバナンス改革の状況や国際的な諸情勢等を見極めた上で任意でIFRSの適用を認めることが考えられます

IFRS早期任意適用イメージ
適用対象
  • 継続的に適正な財務諸表が作成・開示されている上場企業
  • IFRSによる財務報告について適切な体制を整備し、IFRSに基づいた社内の会計処理方法のマニュアル等を定め、有価証券報告書等で開示しているなどの企業
  • 国際的な財務・事業活動を行っている企業の連結財務諸表(およびその上場子会社等の連結財務諸表
適用時期
  • 2010年3月期の年度の財務諸表からIFRSの任意適用を認めることが適当であるとされています。

将来的な強制適用の是・適用時期

強制適用の是非の決定は現時点では行わないとされています。
なお、一つの目途として2012年に判断することが考えられますが、上記諸課題の達成状況やIFRSの適用状況等を確認する必要があることから、判断時期は、前後し得ます(判断時期は、将来決定)。
仮に強制適用する場合の開始時期は、判断時期から十分な準備期間(少なくとも3年間)を確保することが考えられます。

現在の世界的な金融危機を受けたIFRSの基準の明確化見直しの作業を踏まえ、IFRSの強制適用の判断の際には、IFRSが高品質であって、今後の金融経済情勢の下で持続的に適用可能であることを認められるかどうかを見極める必要があると考えられています。

(注)仮に強制適用する場合の適用対象としては、上場企業の連結財務諸表が考えられますが、 いずれにせよ、強制適用判断時点で改めて検討します。

会計基準の国際的なコンバージェンス(収斂)の流れの中、日本においてもIFRS(国際会計基準)導入の流れが加速し、 その準備や対応に追われる企業が多くなっています。
IFRSの適用にあたっては、会計・財務報告は勿論のこと、それ以外の項目においても検討すべきことが多数存在します。
IFRSの適用方法として、2015年を報告日とするIFRS適用のロードマップ例を以下に示します。

IFRS適用ロードマップ
IFRS摘要ロードマップ

IFRS各企業の会計ルールや業務プロセスなどの経営要素全般に影響を及ぼしますが、その中でもITシステムは決算作業や業務プロセスの変更に伴い、 現行システム変更が必要となる場合があるなど、最も大きな影響を受けます。

システム対応
システムの大幅な設定変更

例)
収益の認識基準:出荷基準・完成基準
⇒顧客先着荷基準・検収基準・工事進行基準

システムの要件設定の変更
⇒ システムの大幅な設計変更
+経理・管理担当者の教育

固定資産管理システムの変更

例)
税務上は単体では定率法を採用し、連結会計上は定額法を採用する場合
税法とは異なった、グループ統一の経済的耐用年数を採用する場合
減価償却の二重計算、リースや資産除去債務の計上など固定資産会計の複雑化

IR活動

企業の意思決定がどのように決算に影響するのか


帳簿および財務報告の国際会計基準対応
単体と連結の会計基準の分離の可能性

⇒ 二重帳簿の作成

IFRSの注記開示

⇒ 子会社や関連会社に送付する連結パッケージの見直し

連結ベースでの固定資産の増減明細や科目ごとの明細の要求

⇒ 早期決算の対応 + グループ連結決算の検討
⇒ システム対応

これらの対応には検討が必要となる項目が多く、またIFRS適用に伴い、見直しが必要となる場合もあり、非常に時間と労力を必要とします。

『経営デザイナー』であれば、国際財務報告基準(IFRS)への対応も万全です!!

IFRS適用における課題を解決します。

詳しくは詳細ページへ

このページのトップへ